2017年12月12日

小平神明宮

小平神明宮由来

江戸時代に青梅街道が開通し、玉川上水と野火止め用水の川道ができた。

そして人が住み着くようになったが、野火止め用の水がこの地に流れてこず困っていた。

そこで玉川上水の分水口にある三角州の大樹のそばに山の神を祀り水が通るように祈る。

すると見事に水が流れたので、近くにあった神明宮を移した。

このことから、お宮は仕事成就事業発展商売繁盛に利益があると人気です。

小平神明宮の場所:東京都小平市小川町1丁目2573



【スポンサーリンク】



posted by shinto-shrine at 22:19| 東京の商売繁盛神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
【スポンサーリンク】